家づくりPREMIUM

建築実例 WORKS

05「経年変化を楽しむ家」空楽

メインイメージ

木の風合いの美しいダイニングと畳スペース、緑のテラスが融合して、ダイナミックで開放感のある空間となっている

時を重ねて成熟する木の住まい
人が自然に集まる温かな暮らし
インナーテラスが繋ぐ人と光と緑。心地よい暮らしの提案

代々受け継いできた樹木を守りながら、四季の花々を楽しむKさん。息子さん家族との同居を機に、家の建て替えを決断した。手掛けたのは、設計や施工、インテリアなどのプロ(『若杉建築設計工房』『直理建築設計事務所』『kaile』『カリエラ・K』『SPACE LAB.』『aireal』『グランマデザイン設計室』『Archi Desigh』『FRAME』『円ホーム』)がチームを組み、適設適地の家づくりを提案する『空楽』だ。

 素朴な無垢材の玄関扉を開ければ光あふれる豪快な玄関ホール、その先にはバナナの木やシダなど観葉植物が青々と育つインナーテラスへと続いている。白い壁と大理石の床を背景に緑の生命力が加わり、何とも豊かな雰囲気。Kさんの家は、玄関ホールとインナーテラスを介して二世帯が繋がる完全分離型の二世帯住宅。料理好きで友人との交流を謳歌するKさんのために用意されたのは、家の中心に18帖のLDKを据えたプラン。ステージのようなキッチンをダイニングのど真ん中に置き、それを囲むようにカウンターやテーブルを配した。正面にはシンクと作業台、背面にはガスコンロと作業台、収納棚を据え、それぞれの用途に合わせて高さを変え、使い勝手をとことん追求した贅沢な二列型キッチンだ。キッチンに立てば、正面に玄関ホールに通じるインナーテラスが広がり、料理をしながら大好きなハワイをイメージさせる植物たちが目を楽しませてくれる。LDKとインナーテラスとの繋がりはオリジナルの木製建具をフルオープンにすることで、行き来を自由にして一体型の空間を実現。光と緑が包み込むテラスが暮らしに溶け込んで、まさしくそこはリゾートライフ。ダイニングテーブルで食事をしたり、あるいはテラスでお茶を楽しんだり、小上がりの畳コーナーで寛いだりと、多くの友人たちや家族が集い、ワンフロアで色々な交流が深まっていく。これこそ『空楽』が追求した、人が集う居心地のいい家だ。

 美しい木目のタモ材を使った床フロアや杉の天井板、大きな丸太の大黒柱や梁など、無垢の木へのこだわりも素晴らしい。玄関横には来客の際にも重宝する、伝統技法を取り入れた本格的な和室を設けた。地窓から取り込む庭景色や障子に映る丸窓など、書院造りの上質な空間となっている。ちなみに、床板は家具に使われていたカリンの一枚板を再利用し、丸窓部分の障子はK家で古くから使われてきたもの。思い出をさりげなく散りばめて、新しい家にK家の歴史を刻み込んだ。

 「家は買うものではなく、造るもの。私は楽しみながら家づくりに参加しました。『空楽』さんが、私の思いを全てくみ取ってカタチにしてくれたんです。でも家づくりはまだ進行形です。これからの変化を楽しみながら、手を入れていきたいですね」とKさん。

 暮す人たちの愛情が注ぎ込まれながら経年変化を楽しむ家。時とともに味と深みが増して、成熟した美しさを兼ね備えていくのだろう。

HOUSE DATA

延床面積…298.43㎡ (約90.27 坪)
床面積…1F 212.85㎡ (約64.38坪)
2F 77.82㎡ (約23.54坪)
BF 7.76㎡ (約 2.34坪)
敷地面積…507.52㎡(約153.50坪)
構造…木造
工法…木造軸組工法
設計期間…約3ヶ月
工事期間…約7ヶ月

COMPANY DATA

空楽

設計、施工、インテリア、プロデュースのプロフェッショナルがチームとなって、それぞれの立場から、暮しを楽しむというコンセプトのもとに、適設適地の家づくりを提案。

〒861-3202 上益城郡御船町小坂1009-3
TEL.096-282-7718
FAX.096-281-7273
URL http://www.kuhgaku.com
E-mail info@kuhgaku.com
【建設業許可番号】熊本県知事許可(般-25)第14463号(円ホーム)
【建築士事務所登録番号】一級建築士事務所 熊本県知事登録第3651号(若杉建築設計工房)/一級建築士事務所 熊本県知事登録第3503号(直理建築設計事務所)/一級建築士事務所 熊本県知事登録第3501号(SPACE LAB.)/二級建築士事務所 熊本県知事登録第5075号(宮﨑建築士事務所)

資料請求はこちら
ページ上部へ