家づくりNAVIくまもと

(株)藤本建設

1000万円台
ふと見上げた木肌の美しさ素足で歩く心地良さ。木の温もりに包まれた
人と自然にやさしい住まい
木や珪藻土など、自然素材だけを用いた内装は、質感や光の反射、音の響きも穏やかで、自然の中にいるような心地良さです
地元山鹿のあや杉と自然素材で造る家

 木をふんだんに使った内部の造り、珪藻土の壁の白さ、屋根裏まで広がる吹き抜けの心地良さ。合板やクロスを一切使わない“土から生まれ、土に還せる家づくり”。この建物は、地元山鹿のあや杉と自然素材で造った、藤本建設さんのモデルハウスです。自然素材の調湿効果で梅雨でもサラリと快適で、冬場も窓が結露しません。また木の持つ癒しや殺菌効果で、気持ちが落ち着き、空気もキレイに。
 さらに地元の木を使うことにも、たくさんのメリットが。例えば家の大敵である白蟻や腐朽菌が多い土地で育った木は、それに負けない木になり、木材になってもその効果が続きます。近くの山から運ぶので輸送コストもかからず、新たに苗を植えることで、人も山もどんどん元気に。地球温暖化でますます注目される、エコロジーな家づくり。それが見事に実践されています。



モデルハウス〈山鹿市〉
家族構成
敷地面積 250.32?(約75.72坪)
延床面積 104.41?(約31.58坪)
1階62.92?(約19.03坪)
2階41.49?(約12.55坪)
建築費 1,390万円(設計料含む)
設計期間 約2ヶ月
工事期間 約4ヶ月



【設計Point】
 屋根裏を見せた高い吹き抜けと、視線が抜ける間取り。さらに自然を取り込む窓の配置で、実際の床面積以上に広がりを感じられる空間に。
吹き抜けから光が降り注ぐ、明るく伸びやかなLDK。吊り戸棚のないオープンなキッチンで、さらに空間を広がりあるものに

三つ並んだ高窓が、夏は光と風を、冬は太陽の温もりを取り込む住まい。シンボルツリーのハナミズキを、室内からも楽しめるように植栽してあります

白のバスタブに黒の御影石が和モダンな、ヒノキ張りの浴室。床は遠赤外線による温熱効果があるという麦飯石で仕上げています。窓の外には木々の緑に心も和む坪庭が

遙か彼方に山並みを望む、眺めの良い2階のプライベートルーム。大きな窓で風景を取り込み、上部にはロフトスペースも

HOUSE MAKER DATA

専務取締役   石田友幸さん

住む人の健康と幸せを考えれば、行き着くところはやはり自然素材。本物の質感・健康的な室内環境・空気の質にもこだわり、“土から生まれて、土に還せる”という、人の五感や地球に優しい家づくりを提案します。


(株)藤本建設

〒 861-0544 山鹿市保多田41-1 
[TEL] 0968-44-0377
[URL] http://www.arc-fujimoto.com
[MAIL] info@fujimotokensetu.jp
[許可番号]
 【建築業者許可番号】
特定建設業熊本県知事(特-16)第11223号

【建築設計事務所登録番号】
1級建築士事務所
登録熊本県知事第1646号

【宅地建物取引業免許番号】
宅地建物業取引登録熊本県知事(4)3752号