(株)坂本工務店

1000万円台

シンプルに見せた平屋風の大屋根と、勾配を生かした間取りや
デザインが魅力。


▲大屋根ならではの落ち着きが感じられる外観スタイル。2階は屋根の一番高い部分に居室を、その隣に居室と同じ奥行きを持つ勾配天井の収納庫を造り、空間を無駄なく活用しています
 老後の暮らしを考えて、平屋での建て替えを検討されていたUさん。ところが、建坪率の関係で総平屋の造りは無理と判明。そこで、将来は1階だけで生活できるよう、2階に子供部屋と収納庫だけを造る1階重視のプランに変更することに。それに合わせて屋根の形も緩やかに傾斜する大屋根に。
 その結果、屋根勾配を生かした小屋裏風の子供部屋、勾配天井の収納庫、吹き抜け風の玄関など、独創的で魅力的な空間が数多く誕生しました。さらに、「この辺りは地理的に冬は底冷えが酷くて…。でも、建て替えてからはLDKの開放的な造りにもかかわらず、朝起きた時に暖かく感じます」と奥様。デザインだけでなく、暮らしやすさにも十分満足できるお住まいになりました。
     
Uさん邸
家族構成 夫婦・子供2人
敷地面積 231.72?(70.21坪)
延床面積 123.66?(37.47坪)/1F88.45?(26.80坪)・2F35.21?(10.66坪)
建築費 1,600万円(設計料を含まない)
設計期間 約2ヶ月
工事期間 約4ヶ月


   

▲手前から奥へ行くにしたがって屋根勾配が高くなる玄関は、まるで吹き抜けのような開放感。階段下を利用した収納スペースも、リビングで使うものをしまうのに重宝します

▲屋根の形を生かした壁や天井に剥き出しの梁を見せ、「アルプスの少女ハイジ」のような小屋裏の雰囲気を出した2階の子供部屋。創造力や感性を育むプライベートな空間に
 

▲杉の無垢板に細工した竿縁天井が、趣ある和室。隣接するリビングとは障子で仕切れ、4枚全てを引き込めばリビングと一体化する広い空間を得ることができる

▲柔らかく光を通す障子で和室と仕切り、天井や床、腰壁に無垢材をたっぷり使ったリビングルーム。檜の床板は、県が企画した県産材プレゼントにご主人が申し込み、当選したもの
 
HOUSE MAKER DATA

(株)坂本工務店一級建築士 代表取締役専務
   坂本芳久さん
今回は田尻設計、田尻氏との協合作品です。Uさんが当選された県産の檜床材をリビングと寝室、廊下や洗面所の一部に使い、足りない所には木目がよく似た木を探し、違和感なく仕上げました。
 

(株)坂本工務店
〒 869-1207 菊池市旭志新明2487-1
[TEL] 0968-37-3580
[URL] http://www.sakamotokoumuten.biz
[MAIL] takumi-4@agate.plala.or.jp
[許可番号] 建設業許可熊本県知事(特-15)第8664号・1級建築士事務所登録 熊本県知事第1738号
<<トップへ戻る            <<建築会社トップに戻る
Copyright(C)2007 ULTRAHOUSE,Co.,Ltd. All right reserved